■お酒がお好きなトップショコラティエのもうひとつの味。

今回さらにもう2粒。
大石シェフがプロデュースする
貴腐ワインとマールドシャンパーニュのトリュフを。

ブラックの方が貴腐ワインのトリュフ。
世界三大貴腐ワイン「ソーテルヌ シャトーアンドワーズ」の
貴腐ワインを使ったトリュフは、
芳醇な香りと甘さが一粒にギュッと詰まっていて、
美味しさに酔いしれました。

マールドシャンパーニュは、
シャンパーニュを造った後の葡萄を原料とした蒸留酒(オードヴィ)の一種。
シャンパンの華やかさを感じさせながらも樽熟成の深みが豊か。
こちらも、品があってウットリする味わい。


どちらも、洋酒とチョコレートが抜群のバランスで活かされた美味しさ。
大人の女性にプレゼントしたくなるトリュフでした。


■新作とヴァレンタインならではのキャンペーンも。

今年のヴァレンタインは、
男性や歴女にぴったりのTSUWAMONO(つわもの)という
西と東の武将をイメージした和の食材や日本酒などを使用したものや
織田信長の愛刀をイメージしたチョコレートも。



また、ピーターラビットの作者ビアトリクス・ポター
生誕150年を記念してコラボしたパッケージがとっても可愛い
ピーターラビットシリーズ。


小さな絵本のようなパッケージは、
いつまでも飾っておきたくなります。


インスタグラムでは、
“チョコレートと愛のある風景”をテーマに、
ハッシュタグをつけてアップされた方の中から
プレゼントが当たるキャンペーンもあります。


さらに、フランスのセント・ヴァレンタイン村にある
“メリーの愛の木”に願いを込めたメッセージカードを届けるキャンペーンも!
今回の会場でもハートのメッセージカードが配られ、
私も願いを込めて書きました。


「想いを贈る」

その“想い”を創り上げていらっしゃるトップパティシエをはじめ、
メリーチョコレートのスタッフの皆さんがとてもあたたかくて。
大事に想いを築き、私達の「贈る」をより一層
愛あるものにして下さっていることを感じました。

世界に誇る日本のチョコレートメーカーが創る一粒。
今年は、より一層想いを込めて贈りたいです。
(そして、味わいたいです。笑)


メリーチョコレート
https://www.mary.co.jp/mary
メリーチョコレートのバレンタインについて
https://www.mary.co.jp/mary/product/marys_valentine2017



コメント欄を読み込み中